青汁なのに美味しく飲める理由を解説

青汁といえば「苦い」「まずい」「おいしくない」という印象を持っている人が多いと思いますが、実は最近の青汁はジュースと間違われるくらいに美味しく飲む事が出来るんです。

今回は最近の青汁がどうして美味しく飲めるのかを理由を解説していきます。

1:主原料がケールじゃなくなったから

以前のまずいといわれていた青汁は主原料にケールという野菜を使っていました。

ケールは地中海原産のアブラナ科の植物でキャベツやブロッコリーに近い野菜で青臭さや苦みが強く、本来は食用として使われていませんでした。

しかしケールは「緑黄色野菜の王様」といわれるくらいに栄養価は高く、豊富なビタミンに加えて「メロトニン」「βカロチン」「ルテイン」なども含んでいる事から今まで青汁として使われてきました。

ですが最近の青汁では「大麦若葉」「明日葉」「桑の葉」などの栄養価が高くてケールほど青臭さや苦みがない野菜を主原料で使う事によりまずい青汁が少なくなってきたんですね。

特に大麦若葉は今ではほとんどの青汁で主原料として使われており、野菜というよりもお茶のような味から抵抗なく飲む事が出来ると思います。

ちなみに私も大麦若葉を主原料に使った青汁は今までに何種類も飲んできましたが、本当にお茶みたいで美味しく飲めるのでおすすめですよ。

2:果物を混ぜるようになったから

最近の青汁では健康目的以外にダイエット目的で若い女性を対象にした青汁が話題になっています。

この手の青汁では「大麦若葉」「明日葉」「桑の葉」を主原料にした青汁よりもさらに美味しく飲みやすくする為に果物類を豊富に混ぜるようにしています。

そのおかげで味もジュースのように美味しく、臭いもほとんどしない美味しく飲める青汁になったんですね。

ちなみにすっきりフルーツ青汁では主原料に「大麦若葉」「明日葉」「クマザサ」を使っており、ケールは含まれていないので苦みや青臭さを感じる事はほとんどないので安心して下さい。

また青汁は水以外にも牛乳や豆乳と混ぜる事でまた別の味になるので、同じ味に飽きてきたら色々なものと混ぜてみるといいですね。

私は普段は牛乳割りで飲んでいますが、豆乳割りも美味しくて青汁と豆乳の栄養が同時に摂れるので健康にも良くておすすめです。

当サイトのおすすめ商品は?

すっきりフルーツ青汁は80種類以上の酵素と生きたまま届く生の乳酸菌などの効果により飲むだけでダイエット効果が期待出来ます。

すっきりフルーツ青汁は96.2%のモニターが効果を実感しています。

@コスメの「美容サプリメント部門」でも1位になっており、信頼の高いものといえます。

美味しくダイエットが出来るという事でキレボディを目指している女性達の間で人気急上昇中です。

→最安値の公式サイトはこちらから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする