アンチエイジングのための3つの簡単に行える対策を紹介

どんな人でも、いつまでも若さを保ち続けたい、周りの人から若く見られたい、と願っていると思います。

しかし残念ながら加齢と共に身体の水分量が減ってしまってお肌のはりや潤いが失われてゆきます。

これがまさに老化現象なのです。

まず、何も対策を講じないならその速度は増し、老化をどんどんと進行させてゆくこととなります。

とはいえ、あきらめて加齢によるお肌の老化をそのまま見過ごすしかないわけではありません。

もし年を重ねたとしても、肌の老化を抑えること、つまりアンチエイジングをすることは可能なのです。

今回はそんなだれもが願う、アンチエイジングを行なうための3つの重要な対策方法を紹介します。

1:食事の習慣で行えるアンチエイジングとは?

毎日、3度食事をしている方も多いことでしょう。

人は、口から取り入れるもので自分を養い、健康を維持し、生活しています。

ですから食事の習慣を改善し見直すことはアンチエイジングを行なう上で最も深く関係しています。

しかし、当然のことながら健康そうな食品であればなんでも良いというわけではありません。

食品によっては、内臓機能を高めたり、骨を丈夫にしたりする働きがあるものの、アンチエイジングに効果があるわけではないものもたくさんあるのです。

ですから、一層アンチエイジングに効果がある食べ物を摂取することが重要なポイントとなってきます。

そのアンチエイジングに効果的な食材とは一体どのようなものなのでしょうか。

簡単に言うならば、体の酸化を防ぐ「抗酸化作用」が高い食べ物のことです。

しかし、一概に抗酸化作用の高い食品と言われても、ピンとこないかもしれません。

それが含まれるもの食材はこちらです。

「バナナ」「かぼちゃ」「人参」「キャベツ」「ブロッコリー」「ケール」「ニンニク」「そば」「大豆」

これらの代表的な食材がアンチエイジングにおいて効果的であることは良く知られています。

これらのうち一種類の食品は、おそらくわたしたちがほぼ毎日食べているものといえるかもしれません。

特に、この中でも一番効果的なものはバナナです。

バナナは抗酸化作用が高い食べ物としてよく知られており、たくさんの食物繊維を含んでいます。

なので、毎日1本ずつ摂れば充分な効果が得られるほどアンチエイジングに非常に効果的なのです。

他にも、かぼちゃや人参などどうでしょうか。

これらの食材は、緑黄色野菜と呼ばれており、抗酸化作用のあるカロチンという成分をたくさん含んでいます。

とはいえ、これらの野菜は、好き嫌いがあるので、少し苦手という方をおられるかもしれません。

それでも、アンチエイジングして若さを維持するためと思えば、意識的に努力してでも取り入れたいと思うことでしょう。

その他にもキャベツやブロッコリーといった、普段からよく食べているものの中にも、高い抗酸化作用が期待出来ます

ですから、これまで以上に積極的に毎日の食事に取り入れて、摂取するようにしたいですね。

2:定期的な運動はアンチエイジングに欠かせない

食材だけにこだわっていれば、安心というわけではありません。

毎日の生活の中で運動するというプログラムを取り入れる必要があります。

なぜなら、運動不足になってしまうと、筋力が低下してしまいそれにより新陳代謝が悪くなり、体の老廃物が上手に排出されなくなったり、血行が悪くなったりと多くの悪い状態をもたらしてしまうのです。

まさに運動不足になると、身体の内側から老化を加速させていきます。

さらに、運動ということで単に体を動かせば良いというものではありません。

運動には有酸素運動と無酸素運動という2種類の方法があります。

どちらか一方をすれば良いというものではなく、両方をバランス良く、さらには定期的に行なう事が効果的な方法なのです。

そうすることにより身体の内側と外側のいずれも実年齢以上に若くなる、アンチエイジングされる事を目指していきましょう。

では、この2種類の運動方法について解説していきます。

まず、それらはどのような違いがあるのでしょうか。

有酸素運動とは、肺などの心肺能力の強化及び汗を流す事により新陳代謝の促進の効果があります。

どのようなものが有酸素運動になるのでしょうか。

それはウォーキングやジョギングなどのように比較的、負担が少ない運動を継続して行う運動のことを有酸素運動といいます。

では次に無酸素運動について考えましょう。

この無酸素運動とは、腕立て伏せや腹筋などのように負担が大きい運動を瞬間的に行う運動のことです。

その運動にはどのような効果があるでしょうか。

それは、上腕二頭筋、腹筋の強化及び基礎代謝の促進する効果があります。

このように、有酸素運動、無酸素運動にはいずれも、血行促進、新陳代謝の促進というアンチ

エイジングには欠かせない効果が期待出来るので、どちらもバランスよく鍛えていくことをお勧めします。

3:睡眠

人は睡眠により、体を休ませ回復させることができます。

しかし、単に睡眠をとれば良いというものではありません。

質の良い睡眠をとることにより健康と美容、つまりアンチエイジングを行なうことのできる睡眠をとることができるのです。

質の良い睡眠とはどのようなものでしょうか。

それは22時~2時までの間はお肌にとって一番良い時間、「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれており、この時間帯は肌細胞の再生が促される成長ホルモンが分泌されやすい最も適した時間帯といえます。

まさに肌のハリや弾力を維持する為には重要な時間帯だといわれています。

この時間に睡眠をとることこそが、質の良い睡眠時間といえるでしょう。

また運動によって代謝能力を向上させた肌は睡眠中にターンオーバーが行われるので質の良い充分な睡眠時間が確保されないと充分なアンチエイジングは出来ないという仕組みになっています。

質の良い、充実した睡眠を毎日することは、簡単なようで実はとても難しい場合があります。

なぜなら、日々抱えるストレスや緊張状態により睡眠すら難しくなる場合があるからです。

ですから、そのような場合に少しでもリラックスして気持ちを落ち着かせるため工夫を行なう必要があります。

例えば、アロマキャンドルやゆっくりとした音楽を聴くこと、睡眠の数時間前にはカフェイン入りの飲み物を飲まないなどを行なってみる事もおすすめです。

まとめ

この記事で、アンチエイジングには、食生活と適度な運動を定期的に行う、ということを紹介しました。

いずれにしても、アンチエイジングという若さを保つためには、わたしたちが日々意識的に行動していかなければならな、ということが分かりました。

それは、努力が求められるかもしれませんが、それによりいつまでも若さを保ち続けられるという喜びがあるので、そのことを考えながら行っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする