タイトル:むくみの原因と解決方法を調査

むくみは女性にとって天敵ともいえる悩みの一つです。

このむくみの代表的なものそれは「足のむくみ」です。

しかしそのむくみは、足のむくみ以外にも手や指など末端の部位にも起きうるものです。

この記事では、そんな多くの人々を悩ます、むくみの原因と解決方法について徹底検証ししていきます。

むくみのメカニズムとは

むくみという言葉をよく使うものの、その仕組みについてはあまり知らない方が多いことと思います。

このむくみというのは、体内の血管の外にある水分が皮下組織に過剰に溜まってしまう状態のことを指します。

わたしたちが生命を維持する上で欠かせない血液は、本来、心臓から動脈を経由して、その血液の中に含まれる水分や栄養を体の各部に届けるという重要な働きがあります。

またそれと同時に、使用する必要のなくなった水分が脈を通じて体内全体に再び循環させます。

健全な状態であればそのように働くのですが、何かの原因が生じると、その使用しなくなった水分がうまく脈に戻り、再循環すること出来なくなってしまい、特定の部位に溜まってしまうこと、この状態を「むくみ」と呼ぶのです。

どのようなことが原因で、むくみが発生するのでしょうか。

むくみの原因とは

① 立った状態、座った状態で長時間いる

立った状態で長時間仕事をした後に、家に帰ると足がひどくむくんでしまったという状態は誰でも一度は経験したことがあるはずです。

なぜこのような状態になってしまうのでしょうか。

それは長時間立ち続けることにより、体の上部から下部に重力がかかり、それにより血液が足に溜まってしまうのです。

さらに立ち仕事だけではなく、座り続けたとしても同様の状態が生じます。

立ち仕事ほどの負荷はかかりませんがやはり長時間、足が下部にあり動かさずそのままの状態で止まっているので、むくみが生じやすいといえるでしょう。

② 運動不足が原因になる

むくみは血流と深く関係していることを考えると筋肉の機能とむくみも大きく関係していることになります。

なぜなら、筋肉はまるで血液を循環させるためのポンプのような役割を持っているからです。

運動不足になることにより足の筋肉が弱くなり、血液を流す機能が低くなり足に水分が溜まってしまうのです。

さらに筋肉が果たすポンプ機能が低くなると足の末端まで血液が流れにくくなり、冷え性になったり、血行不良を生じさせる原因になります。

③ 塩分と水分を摂りすぎることが原因になる

血液の主成分として水分、と塩分が含まれています。

それらの成分を体の各部に届けているわけです。

しかし、それでも塩分と水分を過剰に摂りすぎるなら血液が過剰状態、つまり一定の必要以上にそれらが多くなりすぎてしまい必要ではなくなった分がむくみを発生させてしまうのです。

人の体内において必要な塩分濃度は決められており、その一定量を超えて塩分を摂取すると体内の機能として自動的に塩分濃度を下げ、水分を増やす事で血液が過剰になってしまうという仕組みです。

塩分は人間にとって欠かせないものですし、味を左右するという点でもとても重要なものです。

例えば、塩分が多い食品には、「漬物」「ハム」「ベーコン」「さつまあげ」「ラーメン」などがあります。

これらには多くの塩分が含まれており、自分はむくみやすい特性があるという人は、特に注意すべき食品といえるでしょう。。

むくみを解決する方法とは?

① 定期的な運動を行なう

むくみには、血液の循環が重要であり、運動不足がむくみを発生させる原因である、ということを取り上げました。

さらに、人は下部の足にむくみが生じやすい特性があるので、そのことを考えると脚部の筋肉を定期的に動かし、加えて鍛えていくようにすれば血液を循環させるためのポンプとしての役割を高めることができます。

そうすることにより、重力によって足に溜まってしまった血液をしっかりと心臓に戻してあげることができるでしょう。

また、脚部のむくみは、習慣化しやすいともいわれています。

ですから、たまに鍛えるためにというより、定期的に1日10分ウォーキングを行なうなど、簡単にできる運動をなどを行なってみることができるでしょう。

② 積極的にカリウムが含有された食品を摂取する

むくみ対策として体内に溜まった余計な水分を排出する為にも利尿作用の高いカリウムを豊富に含むものを積極的に摂る方法があります。

カリウムとは、野菜などに多く含まれる成分のことです。

カリウムはむくみを解消するために効果的な成分なので、積極的に摂取するよう心掛けましょう。

それが多く含まれるものにはどんな野菜があるでしょうか。

例えば「スイカ」や「きゅうり」「とうもろこし」また「じゃがいも」「ほうれんそう」などが入手しやすく、摂取しやすい野菜といえるかもしれません。

これらの食材を活用し、普段の食事に1品追加するよう意識的に摂るようにしてみることができるでしょう。

③ お風呂に長めに浸かる

血流の流れが良くなるとむくみが改善されてゆくわけなので、体を温めることにより血液の流れを良くしていくことは効果的な方法です。

どれぐらいの時間が良いでしょうか。

それは、20分以上浸かることです。

そうすることにより血流を促進してむくみを解消してゆけるでしょう。

とはいえ、お湯の温度が上げすぎると高すぎると心臓に負担をもたらしたり、睡眠に悪影響がでる可能性もありますので、熱すぎない程度の適度な温度がお勧めです。

まとめ

むくみを解決するためには、血液の流れを意識することが分かります。

長時間立っていたり、座り続けないといけない場合でも、時折動かしたり、マッサージして筋肉をほぐすことができるでしょう。

また適度な運動と食事の改善など日々の暮らしの中で改善を図っていくことがむくみの悩みを解決する一番の方法といえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする