乾燥肌を防ぐための原因と対策を紹介

冬の季節になると多くの人は乾燥肌になり悩まされます。

また夏でもエアコンの風にさらされる職場や環境にいるゆえに乾燥肌になる、という方もおられるでしょう。

そのような悩みを解決するため、乾燥肌の原因と対処方法を紹介します。

乾燥肌になる原因とは一体何か?

① 食習慣の乱れ

乾燥肌といっても一概にお肌だけに何らかのトラブルがあるわけではありません。

ですから化粧水や美容液などを使えば治るというわけではない場合もあるのです。

問題は外側だけではなく、内側から治していかなければならないこともあります。

内側から改善してゆくとはどうゆうことでしょうか。

それは、わたしたちのからだは、口から取り入れるもので形作られていくので、食生活が大きく関係しているのです。

つまり乾燥肌の原因には、乱れた食生活が原因かもしれないのです。

その仕組みについて、解説すると、体の新陳代謝が悪化すると肌の表面にある油分が減少し、それが乾燥肌を発生させる場合があるのです。

その乾燥肌を起こしてしまう原因となる食品にはどのようなものがあるでしょうか。

例えば「コーヒー」「ファストフード」「スナック菓子」「アイスクリーム」といったものを上げることができます。

全体的に見て、メインの食事ではなく、間食として口に入れるものが乾燥肌の原因となる食品といえるかもしれません。

なぜこれらの食品が乾燥肌をもたらすのでしょうか。

それは、これらには塩分が多く含まれていたり、利尿作用などで体を冷やしてしまう事により代謝を悪化させてしまい、結果的に乾燥肌をもたらすという仕組みです。

② 誤ったスキンケアを行なう

スキンケアは、お肌の状態を清潔に、潤いをもたせるために行っているはずです。

しかし、誤った方法で行ってしまうなら、逆効果に、つまり乾燥肌の原因となってしまう場合があります。

特に、乾燥肌を治すためにスキンケアを行なう人に陥りがちなのが、普通以上の力でゴシゴシとお肌をこすって洗ったり、スキンケアようの薬剤を多量に使ってしまう、ということです。

もしゴシゴシと強い力でこすって洗ってしまうと肌を傷つけ痛めてしまい、保水能力を落としてしまったり、さらには炎症やシミを発生させることにもなるのです。

ぜひ注意したいですね。事にもつながりかねないので気をつける必要があります。

強くこすることに加えて、洗顔の回数も関係しています。

また夏場はすぐに汗をかいて不快に感じてしまいすぐに脂取り紙を使ったり何度も洗顔をすることがあるかもしれません。

しかしこれも逆効果で、お肌の水分不足を補うために分泌される油分まで取り除くので乾燥肌を悪化させる可能性があります。

③エアコンを長時間使用する

温暖化に伴い猛暑日が続くとエアコンを長時間使用してしまうことが特に多くなってしまうかもしれません。

その中でも、オフィスでデスクワークをしているならエアコンの風が直接当たったり、冷房の効いた室内で長時間働いていると、エアコンの乾燥した空気によって皮脂も乾燥してしまい、皮膚の水分が奪われて乾燥肌になってしまう可能性があるのです。

乾燥肌を改善するための方法とは

① 健康的でバランスの取れた食習慣を保つ

乾燥肌の原因で取り上げたように、乾燥肌は毎日の食事が大きく影響しているといえます。

特に、良いお肌の状況を保つために血行促進させ新陳代謝を促すような食品を摂取することが重要です。

具体的にどのようなものが、乾燥肌にならないために役立つ食品と言えるでしょうか。

「レバー」
「豚肉」
「レモン」
「ゴマ」
「こんにゃく」
「たらこ」

などが効果的である可能性があります。

これらの食べ物には次のような成分が含まれています。
「ビタミンA」
「ビタミンB」
「ビタミンC」
「ビタミンE」
「セラミド」
「αーリレノン酸」

これらの栄養を含んでおり、毎日の食事にとり入れやすい食品に含まれているので、比較的簡単に摂取することができます。

② 正しい方法でスキンケアを行う

自分の考えに基づいて、誤った仕方でスキンケアを行うとお肌を痛めてしまい、乾燥肌になってしまうかもしれません。

ですから、正しい方法を知って、それに従ってスキンケアを行うようにしましょう。

特に注意すべき点として、

「1日に何度も洗顔をしない」
「強い力でゴシゴシ洗わない」
「洗浄力の強い洗剤を使用しない」
「お湯の温度を適温にする」
「洗顔後にタオルで優しく拭く」
「毎日、メイク落とし、クレンジングは化粧が完璧に落ちるまで行う」

このような方法に従うことにより、お肌の潤いを保ちつつ清潔な状態を維持できるでしょう。

③ エアコンが効いているところではいつも以上に水分補給に注意する

エアコンが効いている職場環境の場合、お肌が乾燥しやすくなります。

ですから、その場合には、水分を積極的に摂り体内部に水分が十分にある状態を保ち、そしてお肌の水分が失われないよう注意する必要があります。

もし顔の脂が気になる場合にはすぐに洗顔したり、脂取りシートを使うのではなくてハンカチなどで顔を拭うようにしてみてください。

他にもミストをかける事で水分補充をするのもおすすめです。

そうすると必要な脂までも取り除かれず、べたつく脂だけを取り除くことができるでしょう。

まとめ

お肌を乾燥させないためには、内面と外面の両方から行えることがあることがわかりました。
引き続き、食生活や水分に注意を払いつつ、乾燥肌を防いでいきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする