健康と美容を手に入れる方法とは―重要なカギである腸内環境

健康と美容。

それは、誰でも是非手に入れたいと思うことではないでしょうか。

以外に思われるかもしれませんが、健康と美容は外面的な要素も関係していますが、実は、内面的な要素は、それを手に入れるための重要な要素なのです。

内面的な要素とは、つまり腸内環境を整えることです。

この記事を通して、あまり知られていなし腸内環境を改善し常に健全に保つことによってどのような益があるのか、どのような方法で改善し、健康と美容を保つことができるのかということについて紹介していきます。

腸内環境とは何かまずこの腸内環境というのは何を指すのか考えていきましょう、

この腸内環境とは、腸全体ではなく、大腸の内部の状態を意味します。

この大腸内の状況が、体全体の健康、美容に大きく影響を及ぼすものとなるという重要な働きをしているといえます。

どのような仕組みかさらに解説すると、口から食べ物を摂り入れて、その後、器官を通り胃や小腸という消化器官を通り抜けるあいだに、食べたものは、消化されてゆきます。

そして、形を変え、徐々にドロドロした液体へと変わっていきます。

そして最終的に、大腸へとたどり着いた食べ物は、大腸内部で水分を吸収され、その後必要ではなくなったものが排泄物とされ、便という形で体外にだされます。

この仕組みを知ると、この最後に到達する大腸という器官は、便を作る働きをする場所であることがわかります。

さらに、大腸内部には、多くの細菌が生息しています。

これらは消化して影響を吸収する過程で貴重な働きをしています。

これらの細菌は大腸の壁を花畑のよう覆い尽くしていることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

腸内フローラについて、もう少し詳しく解説すると、これには「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類に分かれています。

この3種類で構成される腸内フローラのバランスが保たれている、つまりどれか一つの菌だけが異常に多かったり、活発ではなく、皆がちょうど良い働きをする状況が健全な状況と言えるでしょう。

腸内フローラのバランスが保たれ、腸内環境が健全に保たれていると便秘、下痢という腸トラブルが生じにくくなり、それにより生じるお肌の異常も避けることができるのです。それは健

康と美容を保つ上でとても重要なポイントと言えるのではないでしょうか。

他にも腸内環境を改善することでもたらされるメリットとして、便やおならの臭いに悩まされるという悩みもなくなるでしょう。

さらに、疲労しにくくなったり、代謝が良くなるという健康的な状態が維持できるという良い点があります。

なぜ、腸内フローラのバランスが崩れると健康に悪影響を与えるのでしょうか。

それは、そのバランスが崩れ、腸内環境が悪くなると排便が効率よく行われなくなるからです。

そのように排便が行われず、便が長い期間滞留していると悪玉菌という有害物質を出す菌が増殖し、健康に悪影響を与えることになってしまいます。

まさに、増殖した悪玉菌の出す有害物質が血管を通り全身に行き巡ることにより、体をひやしたり頭痛、肩こりといった症状を引き起きてしまうわけです。

それに加えて、腸内環境が悪い状態が続くと、腸の本来栄養を吸収するための働きが低下し、腸はさらにより多くの栄養を摂取しようと働きます。

このサイクルにより、必要でなはい脂肪まで吸収してしまい、皮下脂肪、内臓脂肪がつきやすくなるというメカニズムなのです。

ですから、ぜひ腸内環境を健全に保ちたいと思いますよね。

体の数ある器官の中でも腸は最大のデトックス能力持っているので、このメカニズムを理解して腸内環境を改善していくことで体内にある細菌、ウィルスという有害物質を滞留させることなくスムーズに排便させ、一層健康と美容を保つことができるでしょう。

また腸には、別の興味深い機能持ち合わせています。

それは迷走神経という感覚や運動を司る脳の神経と繋がっています。

わたしたちが何か生活していく上で感じるストレスを脳で察知する前に、腸が感じ取り身体に影響を及ぼすともいわれています。

腸は、とても繊細で、体にとって重要な免疫機能が集中した臓器でもあるので腸内環境を整えることは非常に重要だということがわかります。

また、腸内を整えることで自分の健康をコントロールができるという大きなメリットがあります。

それとは、逆に腸内環境を乱した状態を続けてしまうと大腸がんを発症させる可能性のある物

質を作り出すおそれもあるので、一層腸内環境を良い状態に維持することは重要になってきます。

前述でも説明したとおり、腸内フローラには善玉菌、悪玉菌という菌が存在しています。この

善玉菌を増やすことが腸内環境の改善に大きく関係しています。

どうすれば善玉菌を増やすことができるでしょうか。

それは、ジャンクフードを避けることです。

そのような食品を避けて、バランスの取れた食習慣を保つことが重要です。

ぜひ腸内の善玉菌を増やすために必要な食品、その栄養となるための食べ物を摂るようにしましょう。

それには、どのような食品が含まれるでしょうか。

例えば、チーズやバター、漬物という乳酸菌をという善玉菌を含んだ食べ物やヨーグルトや味噌という発酵した食品などが、善玉菌を増やす上で欠かせない食べ物となっています。

また善玉菌の栄養となる食品以外にも、善玉菌そのものを増やすこともできます。

例えば食物繊維を含んだ青汁や液体や顆粒になっているオリゴ糖を摂取することで増やすことができます。

この食物繊維には2種類あります。

一つは水溶性繊維ともう一つが不溶性食物繊維です。

善玉菌を増やすにはどちらか一方ではなく、共に必要な食物繊維です。

水溶性食物繊維を不溶性食物繊維の2倍多く取ることでバランスを保つことができ、腸の粘膜を保護することができます。

この記事を通して腸の働きや効果について知ることができたと思います。

わたしたちの体の中で、大腸はとても貴重な働きをしています。

食物を吸収するだけ器官ではないことをよく思いに留めておきましょう。

そして、メカニズムで栄養を摂り入れ、健康を維持しているのか意識しながら、腸内環境を整えていきましょう。

そうするなら、健康と美容を維持するためしっかりとコントロールしてゆくことができるようになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする