肌荒れの原因と対策を徹底検証―体の内部から改善する大切さ

多くの人々が抱える悩みの一つ「肌荒れ」

これにはあらゆる原因が関係しています。

肌が荒れてきたならすぐに美容用品を活用するのは決して最善の方法とはいえません。

なぜなら肌荒れの原因として、自分自身の肌が乾燥していることや生活習慣が悪い場合に起きることが多いからです。

つまり、それらが内面的な要素と深く関係しているということです。

この記事ではその肌荒れの原因と対策を詳しく解説していきます。

① 肌荒れの原因

・腸内環境が悪いこと

肌荒れの問題を解決するために、美容液など外面部分の対策行なう人が多いかもしれません。

しかし、実は「お肌は内臓の鏡」と呼ばれるほど体の内側つまり内部の器官と深く関わっているのです。

もちろん体全体を気遣って改善してゆくことができれば良いですが、なかなかすべてというわけにはゆきません。

ですから、より効果的な部分を知って改善してゆくことが大切です。

特に体の身体の中でも、お肌と関わり合っているのは、腸です。

なので、もし肌荒れという悩みを抱えているなら腸内環境が悪くなっていることが原因の場合があるのです。

どのようなメカニズムでそのような影響が出るのでしょうか。

それは腸内環境が悪くなると腸内にある悪玉菌が増殖し、それが有害物質を発生させます。

さらにその有害物質が血中に浸透し、体の各部行き巡り、それが皮膚にも到達することにより

お肌の状態を悪くさせる可能性があるのです。

どんな人が腸の環境を悪くしてしまうのでしょうか。

それは、便秘が頻繁に起きてしまう人です。

その人は要注意です。

なぜなら便によって排出されるべき老廃物や毒素が便秘により上手に排出されなくなり、体内に留まっている状態になってしまうからです。

まさに腸内環境の悪化を加速させるという負の連鎖をもたらすことになるのです。

・バランスの乱れた食習慣

人間は口から摂り入れたもので栄養素に変え、自分自身の体を構成し養っています。

ですからお肌と毎日の食事はとても大きく関係しているといえます。

このことから、お肌のトラブルを抱えている人の食習慣を分析するとスナック菓子やファストフードなどのジャンクフードを頻繁に食べるている場合が多々あります。

ですからそれら食べ物は決してお勧めすることはできません。

なぜこのようなジャンクフードは、健康的ではないのでしょうか。

それはこれらの食品は塩分がたくさん含まれているものが多いからです。

人は塩分を規定量以上に摂取してしまうとナトリウムが増えてしまい体内の水分が失われてしまうのです。

その結果、お肌の水分量も失われてしまい、乾燥肌になるというメカニズムなのです。

その他にもデザートや甘いお菓子などの糖分を多量に含むものは要注意です。

なぜなら体内での分解過程において、皮膚の粘膜を補修したりお肌の代謝を促進するために必要なビタミンを消費してしまうからです。

甘いものに目がない女性は特に気を付ける必要がありますね。

それとは別に、誤解されている食品もあります。

それは、お肉です。

多くの人は、「お肉を食べることはお肌の状態を悪化させるに違いない」という考えを持っています。

もちろん過剰に肉を食べると脂分を摂りすぎてしまうため、肌も良い状態に保たれません。

しかし、適度にお肉を食べることは、主成分のたんぱく質を摂取することができ、そのたんぱく質はアミノ酸に分解されて美肌を作るのに役に立ちます。

まさに適度なお肉は、美容に欠かせない食物ともいえるでしょう。

・睡眠の質の低下

仕事や、中には動画やインターネットを遅い時間までしていて寝不足になっているという人が大勢います。

人の肌細胞は、寝ている時に修復、再生が行われています。

とはいえ、毎日寝ていれば良いというわけでもありません。

質の良い睡眠が必要なのです。

質の良い睡眠とは、22時~2時に睡眠をとっている状態を指します。

その時間は、「お肌のゴールデンタイム」とよばれるほどお肌にとって貴重なのです。

なぜそれほどゴールデンタイムに寝ていることは重要なのでしょうか。

それはその時間帯に成長ホルモンが分泌され肌細胞の修復が行われるからです。

このタイミングに質の良い睡眠が摂れないと肌荒れにつながる恐れがあるのです。

② お肌をいつも良い状態に保つ対策とは

・バランスとれた健康的な食生活

肌荒れの一番効果的な方法はバランスの良い食事を摂る事です。

そうすることにより、内面から改善してゆき、健康と美容を両立してゆけるでしょう。

食生活の中で、効果的な栄養素として特に意識して摂るべきものは、以下のものです。

たんぱく質―大豆・牛肉・しらす・かつお・乳製品
ビタミンA―人参・かぼちゃ・豚肉・牛肉・ウナギ・イカ
ビタミンB2―納豆・卵・
ビタミンB6―鮭・ごま
ビタミンE―アーモンド・いくら
ビタミンC―レモン・いちご
亜鉛―牡蠣・牛肉
鉄分―ごま・ほうれん草
カルシウム―小松菜・牛乳

などが効果的に栄養素を摂れるものといえるでしょう。

普段からこれらの栄養素を意識的に、そして積極的に摂り入れていくことにしましょう。。

・質の良い睡眠を定期的にする

肌荒れの対策として効果的な方法の一つに質の良い睡眠を舞いに定期的に摂ることが求められています。

毎日、6時間以上、そしてゴールデンタイムに寝る習慣を保つなら非常に効果的いえるでしょう。

質の高い睡眠を行なうためには、リラックスして神経を落ち着かせている必要があります。少しでも神経を静めさせるためにも、睡眠前にはタブレットやスマートフォンなどブルーライトを発っしている機器を見続けて神経を過敏な状態にしないことが重要です。

また部屋を暗くしたり寝る前にアロマを焚いたり、リラックスできるBGMなどを静かにかけながら寝る事も効果的かもしれません。

まとめ

お肌のトラブルの改善には、食生活や睡眠といったわたしたちが日々行なっていることから始まります。

何か、美容用品などから始めるのではなく、まず毎日の生活を見直して改善していくことをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする