野菜不足がもたらす深刻な病気―野菜を摂取することは必要不可欠

わたしたちの身近にあり簡単に手に入れることのできる数多くの野菜。

これだけ豊富にあるにも関わらず、野菜には好き嫌いがある人が多く、子供のころからできるだけ食べたくない、と避けている人もいます。

野菜はわたしたちの知る通り、健康な体を維持するためにとても大切な食材です。

そんな野菜をあまり食べていないとしたら、野菜不足になってしまい、深刻な病気や症状を引き起こす原因となってしまうかもしれません。

ですから、多少の好き嫌いがあったとしても積極的に摂る必要があるのです。

この記事では、その野菜不足がもたらす深刻な病気とそうならないための対策をご紹介いたします。

① 野菜不足はどのような病気をもたらすか

生活習慣病

近年よく耳にするこの生活習慣病。

これはいったいどのような病気でしょうか?

それは肥満や糖尿病、高血圧のことを指しており、外面的なウイルスやばい菌からの感染ではなく、自分自身の生活習慣によってもたらされる可能性のある病気、症状のことを意味しています。

実は、このような病気や症状は、生活習慣だけではなく野菜不足とも深く関連があります。

例えば、野菜に含まれているビタミンやミネラルそして食物繊維などは生活習慣病に効果がある成分なのです。

これらは、自分の体で作り出すことはできず、野菜を摂取しなければ得ることのできないものなのでとても重要であることがわかります。

他にも、多くの野菜に含まれているカリウムは体にある不必要な塩分を体のそとに排出するための役割を果たしています。

それゆえに、塩分を少し多めに摂る人であったとしてもそれに比例して野菜を定期的に必要量摂る人であれば、カリウムより体外に塩分を排出してくれるのです。

そうすることにより、塩分の摂りすぎによって生じる高血圧抑えられるのです。

それとは逆に、言うまでもなく、野菜不足の人は、体にとって必要以上の塩分を体外に排出するのが難しくなるので、高血圧の症状を抑えることが難しくなる場合が非常に高くなります。

うつ病

体に取り入れられた栄養素は、身体的な部分だけに寄与しているわけではありません。

精神的に安定し、健全な状態を保つためにも必要不可欠なものといえるでしょう。

まさに野菜を摂取することと、うつ病は深く関連しているのです。

どのように関連しているかというと、緑黄色野菜に含まれる葉酸は、精神を安定させ、うつ病の予防に効果があるという研究結果が出ています。

葉酸はブロッコリーやアボカド、モロヘイヤアスパラなどに多く含まれています。

しかしそれら緑黄色野菜を日常的に食べる人が減ってきていることがうつ病を発症するケースがあるそうです。

また緑黄色野菜以外の野菜に含まれているビタミンB6やビタミンB12などの成分は、精神を静め、神経を健全な状態に保つ働きがあるようです。

このような理由で、野菜が不足している人は、精神を安定させる役割をする成分が足りないゆえにうつ病になる可能性が高くなるかもしれないのです。

皮膚病・肌荒れ

野菜が不足すると、健康を損なったり精神にも害を及ぼすことが分かりました。

しかし、さらにそれだけではありません。

お肌の状態にまで影響を与えるのです。

どのようなメカニズムになっているのでしょうか。

お肌は様々な成分によって良い状態が保たれていますが、その中でも、ビタミンやミネラルはとても重要です。

なぜならそれらの成分によってお肌を瑞々しく保つためのコラーゲンを作られたり、保持しているからです。

まさにそれらの成分は野菜の中に多く含まれているので、野菜が不足すると自ずとコラーゲンの生成もできなくなり、お肌の状態は悪化してしまう、という仕組みなのです。

またさらにその成分に加えて、野菜に含まれる食物繊維が足りなくなると腸の働きが悪くな

り、健康的に排便を行なえなくなり、便が滞留するつまり便秘になってしまいます。

便が滞留することにより、血流に毒素が体内を行き巡り、結果的にニキビ、吹き出物として肌表面に出てきてしまうのです。

野菜が不足するとこれほどまでにたくさんの悪影響が出てくるわけです。

② 野菜不足をどのように改善できるか

このような影響を考えると是非とも野菜を定期的に摂り健康的に暮らしたいと思いますよね。
でも現実的には野菜が不足がちになってしまう人が多いです。

特に、一人暮らしの社会人の場合に野菜不足は多いようです。

なぜでしょうか。

それは、仕事が忙しく自炊出来ず、手っ取り早く外食やコンビ二弁当で済ませよう、とする場合が多々あるからです。

またそのような生活をしていても、注意してくれる人もいないのでついついそのような生活習慣を送りがちなのです。

その場合、どのように心掛けることが改善へとつながるのでしょうか。

それは、忙しい毎日を送っていて、外食やお惣菜を買ってしまう場合でも毎日豊富な野菜を積極的に摂るようにしてみることができます。

例えば、外食したり、コンビ二弁当を買って食べる時でも、少しそれらに野菜が含まれていたとしても、さらに一品多めの買って食べるようにすると良いかもしれません。

さらにできることとして、タッパーなどにレタスやブロッコリー、キュウリやキャベツの千切りなどを作り置きしておくことができるでしょう。

そうするなら野菜を毎食準備する手間も省けて、手軽に定期的に摂ることができるでしょう。

さらに、作り置きが面倒な場合は、スーパーやコンビニなどにあるカット野菜を購入すれば手間もかかりませんし、そのまま調理に使用できるので忙しい場合でも野菜を摂ることができます。

まとめ

野菜はわたしたちが知っている以上に体の健康を維持するために必要不可欠であることを理解することができました。

ですから、好き嫌いがあるとして工夫をしてできる限り定期的に食べるように心がけていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする